top of page

職業発見イベント【 広報・宣伝(産業機械メーカー)】参加レポート13

(1)開催日時 2022年 10月2日(日)10:30〜11:45 

(2)主催    NPO法人アスデッサンさま

(3)参加者   未来miku

(4)費用等 無料。オンラインzoomにて開催。




★職業発見イベント「キャリアパスポートを作ろう」の内容とは


NPO法人アスデッサンさまがおこなっている「ミライドアプロジェクト」のイベントのひとつになります。


学生である私たちは普段、なかなか多くの職業の方に出会ったり、それらの方の仕事内容について知識として触れたりする機会がありません。現役の社会人の方から様々な職業について話を聞き、業界・職種についての情報を知る事によって、キャリアプランや目標を見つけることにつなげる貴重な体験を出来る企画となっています。



「ミライドアプロジェクト」とは


コロナの影響等で人との関わりが以前よりも持ちづらくなっています。将来や進路の選択について考えたり情報を得たりする機会が減り、不安を抱えている中高生もたくさんいるのではないかという事から立ち上げられた取り組みです。


中高生と社会人をオンラインでつなぐ授業として開催されています。


★イベントの流れ


1.事前ワークシートをイベント当日までに準備しておきます。主催者のアスデッサンさまと共有(コメントも共有可能)できるワークシートになっており、大人に聞きたい事、質問したいこと記入をしておけるようになっています。


2.大人(現役社会人)1人と学生1~2名のグループセッション。1回15分を2回開催。


3.イベント終了後、振り返りとして、ワークシートに学びや気づき・アンケートを記入。


 
★学んだ職業

1 広報・宣伝

【現在の仕事につくまでの経緯】

私立大学の文系卒業。大学3年生の頃に英語を使ったボランティアに参加。その際に出会った先生に進路や就職先について相談した。それまでは漠然と教師になる事を心に描いていたが、その先生から「君が理想としているものは、日本の教師像とは少しズレがある」と諭され、考え直すきっかけとなった。最終的には業種や業界にはこだわらず、「自分がやりたいことは何か」そして「それに関する仕事ができる会社」という観点から就職先を選んだ。自分は商品を売ったり、その商品を使ってもらうための仕事をしたかったと気づく。自分は英語が得意だったこともあり、営業の地域は海外だと考えた。そのため、新卒で入社した会社は大手家電メーカーで海外営業の部署であった。その部署では海外営業・商品企画・広報宣伝の業務に携わっていた。18年間勤めた後、現在は産業機械メーカーに転職し、広報と宣伝の業務をメインとしている。


【広報・宣伝の仕事内容や必要スキル】

①海外営業について

(1)仕事内容

 商品の売り込み・新規顧客の獲得・値引き等の条件交渉

(2)必要なスキル

 英語力・文章力・明るさ・誠実さ・根気

②商品企画について 

(1)仕事内容

 販売する商品を考える(5W1H どうやって売るかのかを考えることも含む)

(2)必要なスキル

 英語力・文章力・明るさ・誠実さ・諦め(今までの事をやめて新しい商品の作成等)

③広報・宣伝について 

(1)仕事内容

 商品を知ってもらうための取材対応・宣伝

(2)必要なスキル

 英語力・文章力・明るさ・誠実さ・空気を読む力

☆キャッチコピー考案に携わらなくても、クリエイターに依頼する際、正確なイメージを伝えるための文章力が必要になる。


【産業機械メーカーにおける宣伝の工夫】

皆が購入するようなお菓子や飲み物などではなく、自分の会社では産業機械(鉄のかたまり)を販売している。安い・壊れない以上の価値を追求し続けるよう工夫している。

なお、宣伝時には文字や言葉だけでなく、音楽や映像という手法を選ぶのも自分の仕事であると考えている。


【広報・宣伝の仕事の種類’(大きく3つ)】

以下、お菓子の「ポッキー」を例にとり説明していただきました。


① 何を宣伝するか決める仕事

季節限定のポッキー・定番のポッキーなど、どのような商品を宣伝するか決める。

例えば、旬の果実を扱った季節限定のものを宣伝する等、選択にはそれぞれきちんとした理由が必要である。


② ①で決まった商品について、宣伝を誰に表現してもらうか決める仕事

モデルやタレントを起用するかどうか検討し決定する仕事。


③ 実際にそれを表現する仕事

新しいポッキーや季節限定のポッキー・芸能人を起用したCMにて、宣伝する仕事。


【学生たちへのアドバイス】

英語で話が出来る事は自分にとって大きな利点になったと思っている。クリエイターを相手にする際、日本語だけで得られる情報のみではなく、英語を通して得られるものがプラスされることで情報量がとても多くなった。

日本人と英語圏の人では考え方が違うところがある。日本人相手では敬遠されることも、英語圏の人にならば問題なく対応してもらえたというケースもあった。

 
★未来mikuの感想

今回は私が気になっていた広報についてのお話を聞くことができて、とても楽しかったです!

また、以前聞いた事があった広告代理店のお話と比較できたため、勉強になりました。

特に、広告を作る時の違いを分かりやすく知ることができました!

ありがとうございました!


なお、関連記事をnoteにもアップしています。記事のリンクは以下になります。 https://note.com/miku414/n/ne3244541df2f

 

NPO法人アスデッサンさまについて


一人ひとりが自分らしい未来を描ける社会を目指し、2011年より活動する教育系NPO法人になります。大人との関わりを通じて、全ての中高生の可能性を拓くことをミッションに掲げていらっしゃいます。中学校・高校への社会人講師派遣による出張授業や、多様な大人の生き方に出合えるWebサービスの運営など、キャリア教育支援活動に取り組まれています。


公式Facebook:https://www.facebook.com/npoasdessin ◇オンライン授業「ミライドアプロジェクト」公式note

◆中高生向け社会人インタビューサイト「ロルモ」


★Article by:未来Miku


Comments


bottom of page