top of page

アイデンティティってなんだろう? マサイ族長老 エマニュエル・マンクラ さん Inspire High レポート9

Inspire High 活動報告書 No.9】       

Article by:未来miku

開催日時:2020 2月11日(木)15:00〜16:30 

参加者 未来miku


⦅アイデンティティってなんだろう? マサイ族長老 エマニュエル・マンクラ

*ライブ配信当日はケニアの自宅(キサメス村)から参加(ケニア時間9:00)

(1) エマニュエル・マンクラさん プロフィール

マサイ族の長老。地域社会組織 OSOTUAとEYIEUNOTO NABAYA創設者。

ケニアの南部にあるエセノルア村で生まれる。14歳で戦士となる。アイデンティティに誇りを持ちながら、現在は長老としてコミュニティのリーダーも務める。世界中の若者やビジネスリーダーを自分たちの村に招待し、お互いから学びを得る活動に取り組んでいる。また、海外へのマサイ族の伝統的な文化、知恵、価値観の発信も行っている。教育機会均等、仕事へのアクセス支援など、7つの地域で300人以上の女性を対象に支援活動もしている。


(2)エマニュエルさんへの質問

1.どこで生まれてどのように育ちましたか

マサイ族でも南部の地域出身。遊牧等、家畜と一緒にさまざまな地域を移動する生活スタイルで育った。


2.マサイ族の 服装・コミュニティ・日常の生活について教えてください。

ケニアには現在約45の部族がある。部族によって言葉や習慣が違う。マサイ族はマー言語を話し、牛やロバ・ヤギなどの家畜を育てて生活している。小さなマニャタと呼ばれる小屋に住んでいる。イギリスの植民地になってから、土地所有制度が導入された。家畜を管理する理由もあるため、遊牧生活ではなくなり、定住するようになった。


3.マサイ族として大事なこととは何か。

アイデンティティは特に重要である。ケニアの人々がマサイ族を見つけるにあたり、まずはドレスで確認をとっている。また、マサイ族が最も大切にする価値観がある。それは「尊敬・敬意」である。マサイ語では「エンカニエット」という。

「エンカニエット ナバル キシュ」ということわざがあるが「尊敬がなければコミュニティをうまく管理する事は出来ない」という意味にあたる。


4.敬意を持つことで上下関係が複雑になってしまうことはないか。

マサイ族のコミュニティにおいては、若者から年長者への一方的な尊敬ではなく、お互いに敬意をはらっている。例えば年上の人が着る事が出来ないドレスがあったり、年下の人に言ってはいけない言葉もある。これらは若者への敬意の現れである。


5.勇気を持つための訓練とはどのようなことですか。

「勇気」はもっとも大切な価値観の一つである。勇気を持つためにすることは、まずは自分を信じることである。臆病(自分の事を中心に考えてしまうこと)にならず、責任感を持ってコミュニティのために何を出来るか、人々へ何が与えられるかを考えることだと思う。


6.多国間で文化を受け入れるのに大切なことは何か。

「敬意」を示すことである。自分のアイデンティティに誇りをもっていても、自己中心的にならず、他人に寄り添うことが大切だと思う。他人の価値観を学んで尊敬の気持ちを持つべきである。


7.自分を愛するためにはどうしたらよいか。

世界中にあなたはただ一人の特別な存在である。自分を特別だと知るには、まずは自分を大切にし、自分のそのままの姿を認めることが必要である。自分を愛さなければ他人を愛する事は出来ない。


8.豊かさについてどう考えていますか

多くの人は豊かさとはお金の事だけと思っている。しかしながら、お金は豊かさの一部にすぎない。考え方・生き方も豊かさの一つである。もし、すべてをポジティブにとらえ、良い価値観をもっていれば、それは豊かと言えると思う。たくさんのお金を持っていたとしても貧しい人たちはいる。お金がなくても、他の人が持っていない何かを自分が持っていれば豊かであると自分は考える。


9.人種差別をなくすにはどうしたらよいと思うか。

ケニアでは人種差別の話はせず、部族差別の話になる。部族差別はケニアではとても大きな問題となっている。白人・黒人等の人種差別問題の解決策としては寛容さと敬意をもつことだと私は考えている。具体的には相互に尊敬することや相手の価値観をわかろうとすることである。なお、それ以外に重要なのは「信用」である。違う人種の人たちを信用することは実際は難しいのが現状である。だからこそ、まずは自分が相手を信用することからはじめる必要がある。信用が相手に伝われば、その相手が敬意をはらってくれることにもつながっていく。そうすれば人種差別はなくす事が出来る。もともと人種差別とは「あなたとわたし」が作っているものなのである。


10.アイデンティティとは何か。

自分が誰かということを知っていることだと私は思う。肌の色によってあなたの人種があらわされるし、言語・文化・価値観も自分自身のアイデンティティである。



(3)今回のアウトプット

「大切にしたい価値観」を探す

(1) 大切にしたい価値観は何ですか?

(2)それを感じたエピソードを教えてください。

(3)イメージ画像を添えましょう。


*ガイドの考えかた

マサイ族の長老であるエマニュエルさんが大切にしている価値観は三つある。一つ目は「尊敬」である。これは与えるだけではなく、与えられるものでもある。二番目は「勇気」である。戦士として、コミュニティの一員として勇気を保ち続けることはとても重要である。三番目は「責任感」である。Inspire Highメンバーには日本人としての自分の存在、価値観について、考えてもらいたいと思っている。


未来mikuのアウトプット

(1)人と話すときに極力ポジティブな言葉を使うようにする。

(2)学校の課題で、昔「言霊」という単語を調べたことがあり、言葉にはものすごい影響力があるのだと思った。ポジティブな言葉を使うことによって、前向きなアイデアが出たり、明るい気持ちになれる!


今回のテーマについてエマニュエルさんからのメッセージ

自分が何かを与えてもらう事だけを考えるのではなく、自分のコミュニティに何が与えられるかの方を考えてください。そして勇気を持ってください。若者の多くはリーダー側として考えるような行動はせず、他の人に考えてもらい、自分は受け身の立場でいたいと思う傾向があります。責任感を持って、日本人の自分は世界にどんな影響を与えられるか…人種差別をどうなくせるか…日本の文化をどう広められるか…日本を越えて世界について考えてほしいです。そしてマサイ族のコミュニティやアメリカ、ヨーロッパを訪れて、その地域の人々からたくさん学んでください。


感想:

今回のライブ配信を見て、自分のことを信じることが大切だと思いました。エマニュエルさんは「まずは自分を信じることが勇気を持つためにすることである」と仰っていました。また、臆病(自分の事を中心に考えてしまうこと)にならず、責任感を持って、自分が何を出来るか・何を与える事が出来るかを考えることが勇気につながるとも教えていただきました。エマニュエルさん、ありがとうございました!


今回の記事とは別に、noteに三つの民族(マサイ族・マオリ族・アイヌ民族)について概要を調べ、記事をアップしてみました。もしよろしければ、そちらもご覧ください!


Inspire High

Inspire High(インスパイア・ハイ)はアーティストやビジネスリーダー、

研究者など第一線で活躍し、自分の人生を楽しむ様々な大人から、

自分の世界を広げるインスピレーションをもらうオンラインサービス。

https://www.inspirehigh.com/ Inspire Highさんのnote


未来mikuのデータログ


未来miku

Comments


bottom of page