top of page

「お金とどう付き合う?」『フィンテック』と『マイクロファイナンス』とは? Inspire High レポート18

2022年5月20日のInspire High セッション、アフリカで初めてのフィンテック企業


『OVAMBA SOLUTIONS』の共同設立者として活躍されている


ヴァイオラ・ルウェリンさんの回に参加しました!


感想はこのリンクから→https://note.com/miku414/n/nce45f8cc596b



今回、このヴァイオラさんのセッションを聞き、興味を持った『フィンテック』と


『マイクロファイナンス』について調べてみました!





目次


・『フィンテック』とは?


  - 『フィンテック企業』の具体的なサービス


・『マイクロファイナンス』とは?


  - 『マイクロファイナンス』を受けて事業を拡大・成功させた例




1.『フィンテック』とは?


『フィンテック』は英語でFinTechと書き、金融(Finance)とテクノロジー


(Technology)を融合させてできた、革新的な仕組み・動きのことを指します。


身近な例としてはキャッシュレス決済やクラウドファンディングなどです。


例として、支払いや送金などを、現金でやり取りをするのではなく、


データに変えて情報として取り扱うことによって、お金のやり取りを


より簡単に、快適にしています。このような動きが『フィンテック』です。



また、インターネットやスマートフォンなどを活用し、テクノロジーと金融を組み合わせて


新しいサービスを提供する金融企業・金融ベンチャーを『フィンテック企業』と呼びます。


日本の企業だと、PayPay証券株式会社や株式会社メルペイなどが挙げられます。




今回のヴァイオラさんの会社、OVAMBA SOLUTIONSも『フィンテック企業』と呼ばれて


おり、アフリカで起業をしたくてもお金がなくてできない人々に少額のお金を貸し、


そのサポートをしています。




‐『フィンテック企業』の具体的なサービス


『フィンテック企業』が提供するサービスは11の分野に分かれており、中でも、今回は


その11のうち、3つの分野について調べました。




①クラウドファンディング


オンラインやネット上でどんな人からでもお金を集めることができる資金調達方法です。


従来の資金調達方法である、銀行からの借り入れや投資企業からの出資より早く、安く、


そして簡単にできるものになります。


②保険


『フィンテック』のなかでは、InsureTech(インシュアテック)と呼ばれており、


保険(Insurance)と 技術(Technology)の造語になります。


インターネットなどの最新テクノロジーを駆使して、新しい保険商品や


サービスを提供したり、保険業務フローの効率化を図るものです。


保険に関係している『フィンテック』のサービスは、LINE保険、シンプル医療保険などが


挙げられます。



③セキュリティ


上記のようなクラウドファンディングやInsureTech(インシュアテック)などのサービスを

提供している会社のセキュリティを担当する企業も『フィンテック』企業のうちの一つに


なっています。


『フィンテック』企業はお金をインターネット上で扱っているため、


フィンテック企業専門のセキュリティ分野の会社がいることで、フィッシング詐欺や


ハッキングなどの問題に対応でき、サービス利用者にも安心して使ってもらえるようになる


と考えられています。





2. 『マイクロファイナンス』とは?


『マイクロファイナンス』は小規模(micro)金融(finance)と呼ばれており、


貧しい人々に少額の融資やお金を出資し、金融サポート・金融サービスの提供を


することです。


OVAMBA SOLUTIONSはまさにこの『マイクロファイナンス』を手掛けている


フィンテック企業であり、アフリカの貧困問題の解決や金融業界で重要な役割を担って


います。



-『マイクロファイナンス』を受けて事業を拡大・成功させた例

(以下のリンクより参照)


①野菜販売(インド)


事業拡大後、自分の息子を学校に行かせられるようになり、ひとつきに1500ルピー


(3000円)の収入を得られている。



②移動販売(フィリピン)


『マイクロファイナンス』からの支援で資金を貰い、三輪車を買う。


その三輪車を移動式店舗に改造し、日用品を低価格で買い付け販売をした。


今は借金もなく、1日1200円を収入として生きている。



③『かばん・絨毯・籠の職手』(モロッコ)


『フィンテック』の融資を6回受け、もらった55000円を布製のバッグや絨毯、または


バスケットの機織りなどの原材料となるものを買うために使用した。


バッグや絨毯を制作する機会が増え、事業も大きくなっていったため、今では雇用者が


7名、さらに、自分の二人の娘を学校に通わせることができるようになった。





以上、今回は『フィンテック』と『マイクロファイナンス』について


二つの造語の意味や仕組みなどを知ることができて、とても勉強になりました!




次回のInspire High セッションでは、ホームレスの支援団体代表 川口加奈さんと


「他者をどう理解する?」ということについて考えます!


詳細はInspire HighさんのTwitterInstagramFacebookから確認することができます!



Inspire High

Inspire High(インスパイア・ハイ)はアーティストやビジネスリーダー、

研究者など第一線で活躍し、自分の人生を楽しむ様々な大人から、

自分の世界を広げるインスピレーションをもらうオンラインサービス。


Inspire Highさんのnote


未来miku


Comments


bottom of page